住宅研究 じゅういちLab

ハウスメーカーとデベロッパーの間をのらりくらり。興味のまま動くこともありますが、出来るだけ得になることをお伝えします。

MENU

【ハウスメーカーの設計が教える】失敗しない注文住宅のデザイン~ゾーニングの基本~

『配置計画(ゾーニング)』について

 

・配置計画(ゾーニング)とは、敷地形状や周辺環境を考慮しつつ、建物及び外構を同時に計画することを言います。

 

・敷地を無駄なく有効活用しながら、

『間取り』

『外部空間(アプローチ・庭・駐車スペース)』

のつながりを考慮することが重要です。

 

 

配置計画のポイント

 

1.駐車スペース

       

  • 機能性を考慮した計画


2.アプローチ

 

  • スムーズに通れる幅の確保
  • 雁行させて、できるだけ長い距離に


3.庭

 

  • 家の内と外をつなぐ
  • プラスアルファの空間提案

 

・ポイントを理解したら「現地調査」「与条件」「法規制」「その他」情報を考慮して、配置計画をしてください。

 

現地調査とは

① 敷地の欠点克服(騒音、プライバシー等)
② 敷地の長所活用(眺望、借景等)
③ コストの低減
④ 日照の確保
⑤ 通風の最適化
⑥ 近隣への配慮
⑦ 街並みへの配慮
⑧ プライバシーの確保

与条件とは

・必要空間、動線の確保

法規制とは

・法規制の厳守(建ぺい率、容積率、斜線制限、日影、宅造等)

その他とは

・メンテナンスの容易性の確保
・各外部空間の規模の最適化
・各外部空間の機能の最適化
(使い方を考慮した形状、位置等)
動線の整理
・外観の向上

 

 

特に現地調査は重要なので、意識して行い敷地のメリットを読み込んだ上で計画してください。

 

space-11.hatenablog.com

 

 

プライバシーポリシー